<   2011年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧
2011年 05月 31日
大奥羽丸くんレスキュー<転載・抜粋>
JARFサイトさま より転載・抜粋します。

=2011年05月31日(火) 09時33分=
先日も御報告したんですが、再度みなさまへ拡散をよろしくお願い致します

名前 大奥羽丸(だいおううまる)

性別 オス(去勢未)

性格 とにかく温厚 何をされても反撃しません(むしろ後ずさり)

食事 今までは新米のあったかい甘いゴハンが大好きだったそうですが
    今は皆さまとともに普通のドッグフードを食べています  

お散歩 あまり歩かない性格、排尿、排便をすませるとそそくさともどるそうです

苦手なモノ 男性 
(前 飼育者によって、徹底的にしつけさせていますので、
吠え声一つ出さないようにおりこうさんに、しつけをされたそうです。)

f0176499_21105372.jpg

f0176499_21115315.jpg


このビデオをYouTubeでチェック:
http://www.youtube.com/watch?v=-GOkwrlg94I&feature=youtube_gdata_player

フリー転載です☆彡
まずはお会いできる条件が最優先でよろしくお願い致します

詳しい御質問等はコメントもしくはメッセージにてお待ちしております


************************

右サイドバーへリンクを貼りましたのでよろしくお願いします。。。

・JARF里親募集

[PR]
by genki-flatty | 2011-05-31 21:17 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 31日
FCR Lovers 東日本大震災 被災犬支援 <転載> 

↑↑クリックしてね!!


※右サイドバーへリンクさせて頂きました。
[PR]
by genki-flatty | 2011-05-31 19:11 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 30日
今日の石巻は大変でした。<転載>
JARFさまサイト より転載です。

=2011年05月30日(月) 19時25分=

朝から、支援物資で頂いたテントの4つ中、3つが強風で壊れてしまいました。
f0176499_19491777.jpg

クミ姉さんのテントも全壊してしまいました。

私達にも仮設テントが必要になってしまいました。
今日の寝床をどうしましょう?
まさか、モンベルのムーンライト7型が、ここまで壊れてしまうとは・・・・
テント内の荷物もビシャビシャになってしまいました。

ポールが折れて、フライシートに突き刺さり
フライとポール・フレームがグシャグシャになってしまいました。

f0176499_1951174.jpg

ダックス・竹ノ内君のテントも全壊してしまいました。

テント内もびしょ濡れです。
ある程度の荷物は、運び出しましたが避難所のリストなどの重要な書類が濡れてしまい、
再度 使えるのか心配です。

今夜、竹ノ内君はどこで寝るのでしょうか?
寝床確保が急務です。

f0176499_19525351.jpg

ボランティアのみんながご飯を食べていた、食事スペースのテント3張りも全て、
全壊してしまいました。

自然の力は、すごいですね。

f0176499_19541680.jpg

洗濯機のテントも完全に壊れてしまいました。
奥の洗濯機の一つは、倒れていました。

f0176499_19551343.jpg

ボランティアさん宿泊用のテントも完全に壊れてしまいました。
中の毛布は、ビニール袋に入れていたので大丈夫でしょう、テントが無くなってしまいました。
テント4つの内、3つが完全に壊れてしまいました。

私 隊長 浦川たつのりのテントだけが、無事に済みましたが、
現在テント泊している二人のボランティアさんの為に寝床を確保しないといけません。

悲しい出来事でしたが、
JARFのボランティアさん達は笑顔でテントの応急修理と撤収処理をしていました。

みんなずぶ濡れになりながら、もう笑うしかない!
という感じで、楽しくテントの最低限の復旧を行いました。

私も沢山のキャンプ テント泊を経験してきましたが、
こんなに大変だったキャンプはありませんでした。

こんなスゴイ困難を体験しても、笑って活動できるJARFのボランティアのみんなは最高です!

誰も、グチや不満を言わず
雨でグショグショ ビショビショに濡れながら
みんな 笑顔でテントを修復していました。
結局、テントを元に戻すことは出来ませんでしたが。

テントは、完全に壊れましたが、
みんなの結束は、強く結びつきました。

最高の仲間達に感謝すると共に、
強風が来ることが分かっていたのに、
テントを撤収せずに壊してしまった事を、
支援して頂いている皆様にお詫びします。


浅い想定での、行動により高価なテントを送って頂いたのに、
3つものテントを壊してしまった事を、深くお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。

テントを送って頂いた方にも、大変申し訳ない気持ちで一杯です。
本当に申し訳ありませんでした。


東北に来て、沢山の試練を体験しました。
今回の出来事も、成長するために必要な経験と思って今後の活動に生かしたいと考えています。
東北に来て、色んな成長をさせて頂きました。

JARFの東北からの撤収も6月20日まで、残り1か月を切りました。
今、考えているプランがどこまで出来るか解りませんが、
残りの日程と共に、6月20日以降の継続活動も視野に入れながら
今後の活動を頑張っていこうと思います。

今日は、テントが壊れてしまいという出来事がありましたが、
これからも暖かいご支援を宜しくお願い致します。

隊長 浦川たつのり


私のテントだけが、残っている事。 
天が、『 お前は残れ 』と言っているのかとも、感じました。
考えすぎでしょうか?!


f0176499_2005148.gif


地震、余震、津波、福島原子力、 そしてこの季節に低気圧が追い打ちを掛けて来ました。
我が地も今日その余波であろう凄し強風でした。
震災地を心配していましたがやはり・・・

被災者さんやボランティアさん復興に向けて奔走しておられるであろうに
自然の驚異はそんな事関係なくやって来るんですね(゚_゚;)

どうか負けずに一歩下がってまた二歩前進されていくことをお祈りします。
被災地の遠くだからこんな事言えるのかも知れませんね。

>↑↑みんなずぶ濡れになりながら、もう笑うしかない!
皆さんの志気に感謝します001.gif003.gif001.gif003.gif
[PR]
by genki-flatty | 2011-05-30 20:17 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 30日
梅雨入り と 台風
我が地5月27日梅雨入り そして 29日台風から温帯低気圧に変わったものの
大雨と風が吹き荒れる1日でした057.gif

昨年の梅雨はドッと大雨が降りその後太陽が覗く梅雨の様相であったように
記憶しているが今年はまた傾向が違うのかな!?
太陽が顔を出してくれない日が多いなぁ~(^_^;)

それも5月梅雨入りとは早い~~!!! 
朝夕と昼間の温度差がまた激しくて着る物調整にコマッタものだ!!
震災地天候も気になります。


Genkiも外でしかチッコ&ウンPしないので合羽着用の散歩が続いてま~す(~o~)
f0176499_5472071.jpg


退屈!退屈~!!
馬ジャーキー「マテ」 舌べろんチョ(苦笑)
f0176499_5482569.jpg

『ナンですかぁ!?』
f0176499_5494334.jpg
f0176499_5495116.jpg



雨しずくの草木もまた日本の風情であろうか!!
大雨や風で花木や花々がカワイソウなことに・・・
f0176499_5521491.jpg

[PR]
by genki-flatty | 2011-05-30 05:55 | Genki | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 30日
宮城県 名取市での活動<転載>
JARFさまサイトより転載抜粋します。 

=2011年05月29日(日) 00時46分=

今日は宮城県 名取市 の避難所に居る方家族の方へ・・・・

犬小屋用のバリケン ゲージ
f0176499_5204622.jpg


ドッグフードも全く無いという事だったので、20キロのドッグフードを
森永乳業さんから大量に提供頂いたおやつと、
皆さんから頂いたおやつやブラシ、その他の犬用品を差し上げました。
f0176499_5222321.jpg


おとうさまは とても心から感謝しておりました(笑顔が満面です☆)
自分達の知らない全国の方々から
こんなにも生きる為に必要な大切なものをいただきまして心から感謝しています。と
このブログをみて応援して情報を多くの方々に頑張っていただき拡散して頂ける賜物だと
感動しております☆

本当にいつもありがとうございます!

今日も一つ幸せな笑顔をいただきました☆彡

被災された皆さまも前を向いて歩き、
そのお手伝いを一緒にこのブログのみなさまと活動していると
あらためて感じました
[PR]
by genki-flatty | 2011-05-30 05:25 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 29日
アニマルレスキュー参加報告Ⅲ by Genパパ 
*-*-*しばらくトップへ置かせてね*-*-*

東日本大震災動物救護ボランティアへ行ってきました。

【活動報告】

期間:2011年5月9日(月)~21日(土)
活動場所: 宮城県石巻を拠点としたエリア
対象: 被災動物の救護支援に類する活動


5月9日(月) 朝6時前発~夕5時30分前着、<車中泊:上品の郷>
  ・走行距離930km、

5月10日(火) 亘理町の役場、避難所(各学校)でペット支援物資の配付をする。<車中泊>
  ・走行距離188km、

避難所で出会ったワンコです。『アソボ!』って言われました。
f0176499_119860.jpg


5月11日(水) 大崎市役所、登米町役場・津山町避難所でペット支援物資の配付。<車中泊>
  ・走行距離124km、

5月12日(木) 午前は犬の散歩、午後は仙台へ支援物資の引き上げ・片づけ。<車中泊>
  ・走行距離191km、

5月13日(金) 犬の散歩、<車中泊>
  ・走行距離 15km、

5月14日(土) 仙台へ支援物資の引き上げ・片づけ(他車で行く)<車中泊>
  ・走行距離  0km、

5月15日(日) 石巻市役所(災害派遣車両証明書の問い合わせ)
        午後は資材置き場で物資片づけ(開梱・整頓) <車中泊>
  ・走行距離 16km、

5月16日(月) 犬の散歩、支援物資の片づけ <車中泊> 
  ・走行距離  0km、

5月17日(火) 陸前高田市(各避難所)へペット支援物資の配付 <車中泊>
  ・走行距離253km、

陸前高田及び向かう途中の被災状況です。
物資支援車(前車)と一緒に向かう。
f0176499_1135397.jpg

f0176499_11121373.jpg
f0176499_11122289.jpg

ガレキの砂漠の中(路上)でラブのジョン君が飼い主とともに散歩されていた。(写真なし)
f0176499_11123143.jpg


個人宅が避難者の集会所となった家で猫のハナちゃんと・・
先月には盛岡のボランティア「命の会(?)」が物資を届けてくれたとのこと。
f0176499_11133246.jpg


津波を被ったアツモリソウが育っていました。
f0176499_1114935.jpg

 
隣にはクレマチスが見事に咲き誇っていました。
f0176499_11143958.jpg


5月18日(水) センターの組織概要について長(?)に質問する。
  ・走行距離135km、
            
女川地区のマルクル君(前回出会いがあった)を訪ねる。快く迎えてくれました。
f0176499_11162561.jpg
f0176499_11163636.jpg


途中の被災状況です。
f0176499_11173139.jpg


            

帰路出会い人に案内されて少し道草を・・・
封人(ホウジン)の家にて
f0176499_11181161.jpg


5月21日(土) 自宅着(15:30)
  ・走行距離1015km、計2867km






【ボランティア雑感】
前回(4月8日~15日)を含めて生来初めてのボランティア活動参加させて頂いた。
志の高い素晴らしい人達との出会いに私も触発されて有意義な日々であった。
まんぞく!まんぞく!

志高くもこれを実現する手立てとなると、人はそれぞれ違った手段をとるもので、、、
現地で見聞きしそれなりに積み重ねてきた実績を否定されるような言い方をされると
プライドが顔を出し...
初めてだからこそ過去の経緯にとらわれることなく不自然さの見えることもあるはずと
偏見が口を出し...
地震ではないがプライドと偏見のぶつかり合いでストレスが溜め込まれ
いずれの日か断層ズレをおこすこともあるのではないかと恐れていたが...
本日早朝(5/24)センターHPが訂正されているのを発見した。
何も言うまい。状況をウォッチしていこう。
言行一致、CAP-Doかな!?

多くの人の参加を得られるよう広報も必要だが復元に応じて
広報内容も是正され参加者に違和感を抱かさないような組織の姿が見られるといいな!?




話は変わって・・・
5月17日(火)の23時 車中泊車窓から
愛宕山が幻想的に月明かりで照らされていました。
露光不足で写真撮れませんでしたが、次の詩が浮かびました(調べました)。

    静夜思  (李白)

  床前 月光を看る
  疑うらくは是れ 地上の霜かと
  頭を挙げて 山月を望み
  頭を低れて 故郷を思う
           ↑
          ※ 被災ペット安住の地

翌朝の写真です。
山頂まで登ってみました。曽波神神社の祠がありました。
f0176499_123581.jpg


                           =2011.5.25記=
[PR]
by genki-flatty | 2011-05-29 23:59 | ワンちゃん | Trackback | Comments(3)
2011年 05月 28日
これからを考える。<転載・抜粋>
新庄動物病院の掲示板 より転載抜粋です。

=2011/5/27(金) 午後 7:36=



その中で、
「現地の要望がないのに一方的に行うボランティアは、時に迷惑となることがある。」
という言葉を聞かせていただきました。

必要とされることだけをするというスタイルで活動されている方もいるんですね。
現地に入り現地の声を聞く活動は、本当に大切ですね。

私にできることはなんだろうと考えていますけど、
メディアで、ワイドスクランブルでは欲張りすぎて、
実は台本にあった動画なんかは使われない形で終了しています。編集の方ごめんなさい。

それと、メディアでは、
「ファーム・サンクチュアリ」という言葉を出さないようにしています。
初めて見る方が見たら全く何か理解できないからです。「ティアハイム」も同じです。
では、なぜ、この両者をなぜ出したのか?

一つは民間ベースで、もう一つは行政ベース。
どちらが、復興に向けて手を上げるのか見たいのもありましたけど、
両方から手を打たないと間に合わないという考えからでした。

いずれにしても、家畜としての価値がないので、
全島に対して補償させると議員さんが言ってくださっていたので、
そこに残るのは命だけなんです。
その命を生かす手段で最も国に説明がつくのが、研究者からの価値ある素材として、、、、
そう、実験動物という言葉が一番伝わりやすかったです。それには管首相も同調。

では、次に突きつけるのは、、、、

「あなた方は、命の線引きをどこでするのですか?」

です。それを遠回しに考えるためと、多くの声をいただくために、
メディアでの発言を考えていました。
ただ現場で思いつくままに発言したのではなく、
ここに書き込まれた意見を端的に述べるにはどうすればいいかをこれでも考えたんです。
命の線引きを国が行うとなれば大問題だと思います。
相馬の馬を助けたから。。。。種豚を助けたから、、、
それだけやったので、あとはいいだろうではいけません。
ぜひ現場を見てから、そういうことは言ってもらいたいです。
生き隊と願う命、行きたいと願われている命。
これを見捨てるのであれば、その明確な理由や根拠を、担当者の責任のもと明示してもらいたいです。
などと考えてい必要とあればそこまで発言してしまおうと考えていました。

その結果が、今朝の「やじうまテレビ」でした。
感情にうったえる話し方。キーワードの入れ方。
本当に、自分に何が足りなかったのかを探してました。
そしたら寝不足で、目が赤かったとか言われました。ハイビジョンって怖いです。
普段より男前に映っていたと午後の患者さんからも言われました。

確かに、昨日の23時にふらふらと六本木の街で
ラーメンを食べながら伸びるまでボーっと考えてました。
こんな機会めったにないのに、
冷静に伝えるには、暴走するのが一番か、感情的な発言をするのか、全く違う切り口を探すのか?
そして、朝3時。寝ました。
何が結論として出たか?さっきも書きましたけどある種の決意を持って臨みました。結果は、、、

「自分の意見を言おう!」

答えはいつもシンプルなところにあります。

「なんだか、今回の処分は釈然としないなぁ…」
疑問もシンプルなところにあります。

自分の考えを素直に述べたのが、あの形です。
診療の合間なので、文章がバラバラですいません。

今日のニュースでは海産物の工場跡で悪臭が発生とありました。
そうですか、、、私は、4月に、養豚場ですごい臭いを体験してきましたよ。

人の後でもいいから、、、、動物に目を向けてあげてください。

さて、
5/25 「20キロ圏内の家畜の保護」官邸に申し入れ 高邑勉衆議院議員ら

このような会見ですね。

今までの軽いまとめです。


VOICE
※リンクOK! 埋め込みNG!

ワイドスクランブル
※リンクOK! 埋め込みNG!


あ、今日は、子供へのお土産で、新幹線の形をしたお箸を買って帰りました。
子供の箸がぼろぼろで、、、、、そろそろ新品を。。。。ということでした。

いい子にお留守番できたみたいなので、買って帰りました。帰宅後に

「お父さん、テレビ見たよ!がんばってね。」

って。
このエールが一番つらい。劇的な変化がない。

「あの牛さんたち助けてあげて!」
こう言われるのもまたツライ。

国が、このような声を聞いてほしい。

聞かないなら聞くまで叫び続けます。被災者の方に叫んでくださいというのは酷かもしれません。
だからこそ、誰かが叫ぶのです。
国には、復興する(させる)気合いを見せてほしいです。




[PR]
by genki-flatty | 2011-05-28 13:48 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 28日
東北の子猫 サンちゃん の大冒険。 ③<転載抜粋>
飼い主様をさがしています!!福島第一原発警戒区域での保護犬


以下 JARFさま サイトより転載抜粋です。

=2011年05月28日(土) 08時00分=

f0176499_12492669.jpg

おはようございましゅニャ。
東北の子猫王 サンちゃんですニャ。

朝から、ニャンだフルな時間をお届けします。

ちなみに、JARF のメンバー達は、石巻動物救護センターの犬猫の飼育を行ってます。

朝7時から、大型犬の散歩をやってますニャ。

犬のお散歩と、
ニャンコのお世話(ニャンコ触れ合い時間沢山有り過ぎますニャ。)をしてくれる
ボランティアさん募集ですニャ。


隊長は、福島県内のシェルター用地の確保に奔走してますニャ。
(さっきJARF Tシャツが出来たらしいニャ。)

昨日までの冒険の模様から、どうぞですニャ。
f0176499_1353220.jpg



f0176499_1393310.jpg

やばいでしゅ。
このままでは、夢のテント内大暴れが、じっこうできないかもでしゅ。
何か作戦をかんがえなければニャ。



ぼくの夢。テントで大暴れはいつになったら叶うんでしょうかニャ?
隊長は、夢は必ず叶うって教えてくれたけど、なかなか困難ばっかりニャ!
でも、明日あたり、テントに行けそうな気がしてきたニャ・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪支援物資 送付先、義援金の案内≫

【支援物資 送付先】
宮城県 石巻市 蛇田字 新〆切 5-2 石巻浄化センター内 JARF 物資係
 に変更させて頂きます。
( ミヤギケン イシノマキシ ヘビタアザ シンシメキリ 5-2 )

上記の住所にご送付頂けると、スグに物資を使う事が出来ます。


宅配・郵便業者の指定をさせて頂きます。

クロネコヤマトさん 佐川急便さん、ゆうパックで、支援物資の御送付をお願い致します。

それ以外の業者さんで御送付の場合は、全く対応出来ない可能性が有ります。
営業所止めになった場合、1~8週間ほど取りに行けない可能性が考えられます。
ご注意ください。


また、誤って違う住所へ誤送付して頂きました支援物資に関しては、
送り主様の方で全て対応をお願い致します。

我々は、対応する時間がありませんので、申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

石巻市は、被災地のど真ん中にあります。

佐川急便さんも、支店の営業再開のめどが、全く立っていないそうです。

被災地でのアニマルシェルター活動、被災地への物資の配給作業は、
かなり困難を極めております。

なにとぞ、効率良く物資の配送が出来る様に御支援者の皆様の御協力を宜しくお願い致します。

JARF 浦川たつのり 宛て
090-6682-0299(オー肉球) 
(物資専用電話までお願いいたします。)


【現地でのボランティアスタッフに来ていただける方】

ボランティア専用の電話。
090-6683-0299へ 担当:クミ姉さん。

なお、緊急支援の物資、確実に来られるボランティア様の電話を優先させてください

現地は日々変更改善の最善を尽くしておりますので

メール等のご返信もおろそかになって申し訳ございません


【義援金振込先の専用口座】になります
親和銀行 本原支店
普通口座 口座番号 3008231
口座名義 東北地方災害アニマルレスキュー義援金

までよろしくお願い致します

集まった義援金は主に東北地方災害での犬猫の救助の為に使わせて頂きます。

(もし万が一、義援金が余剰した分に関しましては
今後のJARFの活動資金として積み立てさせて頂きます。
過去に余剰金でトラブルになった団体さんがあったそうなので敢えて、
余剰金の使途を掲載させて頂きました。)

義援金余剰分の追加事項として、災害時以外の動物の命を救う為にも使わせて頂きます。
事を追加させて頂きます。

JARF 浦川たつのり
[PR]
by genki-flatty | 2011-05-28 13:10 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日
秋田犬レスキュー <転載抜粋>
JARFさまサイト より転載抜粋です。


秋田犬 オス:大奥羽丸(だいおううまる)くん の里親募集記事が目に留まりました。

よろしくお願い致します。


***以下転載・抜粋****************

=2011年05月26日(木) 12時30分=

石巻動物救護センター では、たくさんの保護されている子達や、
お預かりの子や、被災された子を診察する場所、
中にはもう自分の生活で泣く泣く里親にしなければならない子達も日々来られています

青空 トリミングサロン「 TOMO・DACHI 」
として里親さん探しをしたいと考えています。


被災された飼い主さまからの直接的なお言葉を頂くのでダイレクトな情報源として
皆さまにお伝えさせていただきたいと思います。


いつも御覧頂いているみなさま、そして応援して頂いているみなさま
今からUPさせていただきます子をどうか情報拡散していただけませんでしょうか・・・


被災でひどい場所から難を逃れてこれからの生活を温かく見守って頂ける皆さまが居ることを
青空 トリミングサロン「 TOMO・DACHI 」
初代店長 針本 より切にお願い申し上げます

f0176499_12531653.jpg

アキタ犬のオスで名前が「大奥羽丸(だいおううまる)」くんといいます

カラ―も大きさもとてもめずらしく、トリミング魂に一気に火が付いてしまいました☆彡
f0176499_12553016.jpg

年齢は6歳です

アキタ犬とは自分の知っている中では経験したことのないほど
この子は本当に温和で吠えることは全く無く、訓練で小さい頃から徹底的にしつけられていまして
「クーン」という声も出されない位
しつけが厳しいアキタのみを飼い続けているお知り合いの人から譲り受けて
今まで育ててこられたそうです

f0176499_12572394.jpg

名前の由来は奥羽山脈の近くで生まれたので「大奥羽丸」くん

飼い主さまいわく
「名前負けしてっぞ、近所のダックスに吠えられてそそくさとよけっぺー笑  
家にさアメショのラピスっていう子猫さいて、
その子大奥羽丸が体ん中あっためていっずも抱きしめてそだててくれたんだ
その子にまでちょっかい出されるからって近づけたらそそくさとよけるんだ あはははっ」

ほんとうに本当にいいこでした
アキタ犬のトリミングでは自分も未熟な経験の中でもダントツ一番です

しかし
今回の大震災のため、飼い主さまのお店も全部流されて何もかも失って、
この子を里親にしなければならないことになりました・・・・

「本当によろしいんですか?」
飼い主さまのご夫婦は覚悟で来たと心から申されました

「少しでも近い方に里親されて時々お顔を見られたりとか、
もしご希望があればなにかございませんか?」

「できたら離れた方がええ。 
逢いに行く暇すら今はねぇし、しかもこの大は散歩もあんましねえんだ
家では外に出るまでトイレは絶対しねえし、トイレしたらすぐ家にかえるんだよあははは、
アキタ犬のくせに寒いのが嫌れえなんだよ、あーったかい県に住ませられたら一番の希望だ」

飼い主さまのお父さんはお散歩担当。トリミング中ずっと大奥羽丸くんを見つめていました
おかあさん、は大奥羽丸くんが生まれてから一度もトリミングに連れていった事はなく、
今回が生まれて初めての他の人にしてもらったっとおっしゃっています

「いつも一人で今日はA面、明日はB面(分かる人は世代をかんじるでしょう笑)、
あさって洗って天日干し!」

「天日干ししたらいい出しとれそうですねぇー」

「うまみでっから酒のつまみになるよーあははは」

トリミングがんばって待っている大奥羽丸くんにボランティアのお兄さんからのプレゼントが・・・
f0176499_1331337.jpg

ううううぅ
おいしそうな秋鮭さんのにおいだぁ~。
ごっくん!ごっくん!

大奥羽丸くんは飼い主さまから「まて!」を言われて
よだれと鼻水と自然の風に吹かれて
全員風上に移動~~

まわりのボランティアのお兄さんもTOMO店長も飼い主さまも
あはははの笑いでした(大ちゃんゴメンっ)

仕上げは夜6時
東北はもう真っ暗です
九州にいると7時過ぎても明るいので、初めのうちは軽く時差を感じました笑(冗談です)

店長が戻るという話を飼い主さまが聞きつけて
自分達の作業時間をわざわざ割いてまでごあいさつにきていただきました

本当に心からいろんなつらい経験をされ、
そしてまた自分の大切な小さな家族をあったかくお迎えして抱ける方を心待ちにして、
日々耐え忍んでいます

何度も、何度も車からまでも感謝の言葉をいただきました

この子を本当に長生きさせたい。
けど
今の状況ではお世話も出来ない。

譲渡会ではそうゆう理由は常にあります

ただ、自然の災害によってすべてをゼロからはじめていかなければならない家族には
里親さん募集などとてもとても大変なことを自身感じました・・・・



私達に今何ができるのか
この言葉を自分自身何度も考えました

このブログで応援して頂いているみなさまの気持ちを
しっかり「かたち」にできることはこれでいいのか

どうしたら現場で動ける人間として皆さまのお気持ちをもらって行動したらよいのか
たくさん有り過ぎて莫大なことも改めて知り、
現場でトリミングして、数々の被災された方達が思う事

広報で拡散して頂いている人や物資支援、メール、コメントの応援の方達の気持ち
感じることを今月は全力でやりきれる時間までさせていただきましてありがとうございました泣

本当にみなさま心から感謝します涙。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

なんどこのブログで勇気つけられたか計りしれません。


「大奥羽丸くんの里親さま募集させていただきます」

石巻の方まで来て頂ける方を第一に希望しています

本当に大切に一生一緒に生きて下さる方にお願いさせてください

このブログをご覧頂いているみなさまならみんな大切にしていただけると、重々わかります

生きるものを家族として受け入れて亡くなるまでの責任と無償の愛で共に生活しいただけるかたを
募集させていただきたいです

心よりお願い申し上げます

いつもありがとうございます☆
[PR]
by genki-flatty | 2011-05-27 13:17 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日
東北の子猫 サンちゃん。① <転載抜粋>
=2011年05月26日(木) 19時30分=

東北の子猫 リク君改め 『 サンちゃん 』 が、里親に貰われていきました。
サンちゃんの意味は、みなみさんりくで保護されたから、サンちゃんだそうです。
石巻救護センターに来ていた、トオルサンが里親になってくれました。
よかったね~

f0176499_13293771.jpg






[PR]
by genki-flatty | 2011-05-27 12:54 | ワンちゃん | Trackback | Comments(0)