<< アニマルレスキュー参加報告Ⅰ ... ボランティア募集します。<転載> >>
2011年 04月 18日
アニマルレスキュー参加報告Ⅱ by Genパパ
画像で報告します。

不気味な形の雲・・・先行きを暗示させるような・・・
東北道仙台に向かう途中の蔵王~村田IC辺りで異様な雲を見る。(地震雲か!?!?)
このような形の雲がいくつか高速道右側に並んでいた。
f0176499_13222011.jpg
f0176499_13223350.jpg



ボランティア通行証が在住市申請のもと発行され高速道すべて無料となった。
もっとも帰路は申請した高速道を間違えたので再発行して貰うことになる。
f0176499_1325487.jpg



4月9日(土)朝 
支援物資拠点(仙台市山の寺)側溝にタイヤを落とす。
ジャッキで脱すも救助されてしまう。情けない(涙;;)
f0176499_13303753.jpg



同日夜半
ボランティアさん達、水・電気無しのテント生活です。
夕飯を作っています。
f0176499_13331065.jpg



支援物資積み込み
f0176499_1492593.jpg



石巻から女川へ向かう途中の街中で船が路上に!!!!!
f0176499_13365690.jpg


左右とも壊滅状態。ようやく路上だけ片づけた様子。
f0176499_13384342.jpg


女川入り口。下り坂。左側の崖を見て下さい。津波の高さが判ります。
f0176499_16315841.jpg


女川港
f0176499_16324255.jpg



女川町での被災MAP(道路状況)
f0176499_16333073.jpg



女川地区のマルクス君 ♂ 3歳
『遊ぼ!!』しています。
津波が来てリードを外すのに手間取り間一髪奥様と共に2Fに逃げ込み助かったそうです。
マルクス君は至ってゆっくりしておりご家族を癒しているようにお見受けしました。
フードとおやつ支援をして来ました。
※写真撮影はご主人の許可を得ております。
f0176499_13512315.jpg


『お手!!』マルクス君の芸をご主人様より色々見せてもらいました。
レスキュー疲れをも癒してくれました。
『ありがとう! 元気で・・・』 
f0176499_13542398.jpg



団地の近くで・・・
この団地は高台にあり女川では唯一被災を免れたそうです。
ラン君だったかな!!
団地内でペット飼いの方々へ呼びかけ集会所で食材を提供しました。
被災を免れたとは言え、物資調達が出来ず大変喜ばれました。
f0176499_1402088.jpg


女川総合体育館の屋外グラウンドにてワンコが繋がれています(4匹)
f0176499_16342886.jpg



石巻浄化センター内(前線拠点)での支援物資とテント状況。
f0176499_1421445.jpg



4月14日(木)ボランティアメンバー
中央(赤色Tシャツ)=隊長  隊長の右:白タオル巻き=私
メンバーは日々代わります。
f0176499_14224284.jpg



帰路
山頂に曽波神神社望む。この山の右下に石巻浄化センターです。
f0176499_14255822.jpg




【補足】
・毛布3枚程持参するが朝の冷え込みに寝袋必要。(車中泊)

・帰宅時、メンバーさんからメッセージ。こんな出会いが嬉しい。
f0176499_14465449.jpg


・ガソリン積んで行くが使用せずに済んだ。 
f0176499_14381572.jpg


・カセットコンロ持ち込みが役立つ。
f0176499_14385455.jpg

[PR]
by genki-flatty | 2011-04-18 14:29 | ワンちゃん | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://genki7flat.exblog.jp/tb/15832930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ノアピョン at 2011-04-18 19:51 x
こうして写真と文章にまとめてしまうとあっという間ですが、約1週間は大儀でしたよね。
お家に帰ってGENさんにあって家族とのひととき、ホッとされて疲れがどっと出たのではないですか~?
やはり毛布だけだと隙間が出来るから寒いんですね。
地震が相次ぐ中本当にご苦労さまでした。

みなさんの励ましや、喜ぶ声が励みになったのではないでしょうか。
Commented by 仔猫 at 2011-04-19 01:36 x
本当に、お疲れさまでした。
TVの報道では伝わらない、生の現地を体験なさって来られ、
こうして写真をアップしていただけると、被災者の方達はもちろんですが、ボランティアの方々がいかに悪環境のなかで、奮闘されていることに気づかされます。
文章だけでは、頭の中で想像し・・大変だとは理解できても、お風呂や食事はどうしているのか?等々・・こうして食事の支度をしている写真などを載せていたただけると、ピクニックならまだしも・・毎日こうやっておられるのかと思うと、本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

高速から見える雲は不気味ですね・・・
地震雲とは、名前は聞いたことがありましたが・・・
この雲の下に広がる惨状を思うと、オドロオドロしたものに見えます。

パパさんが行かれた週は、気温さえ低かったものの、お天気に恵まれて本当に良かったです。
パパさんが帰られた翌日から、現地は暴風雨と聞きました。
悪天候の日の活動は、更に心が折れそうにきっとなりますよね・・・

本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
Commented by Genパパ at 2011-04-19 11:38 x
ノアピョンさんへ

 >ホッとされて疲れがどっと出たのではないですか~?
  →妙に興奮して寝ても眠れない(ハイテンション)。
   疲れはないという自覚と背中が張っているような感じが
   2日ほど続きました。
Commented by Genパパ at 2011-04-19 11:56 x
仔猫さんへ

>お風呂や食事はどうしているのか?
 →食事は持参のビスケット、カップヌードルなど。
  われらボランティアさんの炊き出し飯・スープの提供を受けました。
  やはり、事前に買い込んだカップ酒で寝付くのが一番でした。
  風呂は一週間入っていません。きっと臭いがしたでしょう。
  同乗されたボランティアさんが消臭スプレーをしていました(笑)
Commented by マルクルのリーダー at 2011-05-21 14:40 x
女川町のマルクルの家の者です。マルのリーダーです。(笑)
実家へのご支援、本当にありがとうございます。
私は娘です(長女)。東京に住んでいます。女川へは2回ほど被災後に向かいました。マルの世話が両親の負担になる事を心配していましたが、皆様の優しさに助けられているようです。マルは見てのとおり、人が大好きででっかいです(笑)また、マルに会いに来てください。両親も喜びます。
写真でマルの画像が見れて嬉しかったです。(笑) 
Commented by Genパパ at 2011-05-22 09:13 x
マルクルのリーダーさんへ

 女川町のマルクルの家の者です。
 → 名前を間違ってすみません。
   マルクル(ダスキン・マルクル・アレキサンダー)君ですね。

 マルは見てのとおり、人が大好きででっかいです(笑)また、マルに会
いに来てください。
 → マルクル君一目見て親近感を覚えました。うちのでっかい黒犬に
   表情・しぐさが似ているものですから...
   最初の出会いの時に『なぁ~に、なんか御用?』の様な表情で、
   挨拶してくれました。

   第二回目のボランティア活動終了日(5/18)、マルクル君に逢いに
   行って来ました。 彼は恰幅がでてきたようにもお見受けし帰宅
   の途につきました。
<< アニマルレスキュー参加報告Ⅰ ... ボランティア募集します。<転載> >>