「ほっ」と。キャンペーン
<< 緊急!本日の犬猫飼育ボランティ... アニマルレスキュー参加報告Ⅱ ... >>
2011年 04月 18日
アニマルレスキュー参加報告Ⅰ  by Genパパ
アニマルレスキュー参加して来ましたので以下報告します。
  <画像添付記事は下へスクロールして下さい>


1、期間 2011年4月8日(金)~4月15日(金)

2、参加の動機
   ・人とペットとの共生について知りたい(災害時顕著に現れる)。
   ・平時に於ける活動と非常時の対応について考えてみたい。
     =もともと関心があり現地で体感してみたかった。
   ・ボランティア参加者の視点(動機)を知りたい。

3、活動報告
   4月8日(金) 
     朝5時自宅発、在住地IC → 泉PAに17時着、車中泊す。
       経路は新名神→名神→北陸道→磐越道→東北道


   4月9日(土)     
     朝7時泉PA発、泉ICで降りた。
      (在住市から発行された災害派遣等の証明書があり高速道はすべて無料となる)
     仙台市山の寺JARFの支援物資拠点を目指すも場所わからず1H費やす。
     8時過ぎ到着するも安堵感からか側溝にタイヤを落とす(ガックリ、ジャッキで脱す)
     そうこうする間にボランティアのキュウちゃんとさくらさん到着。
      (お二人とは始と終がほぼ同じの一週間であった)
     午前中は支援物資の片付けと車への積み込みする。

     拠点が現地の石巻に移っており運搬(約1H強)する。
     現地の石巻浄化センターで支援物資の片付け。
     車中泊す。毛布も多めに持ってきたがさすがに朝方は寒い。


   4月10日(日)     
     午前中、支援物資の片付けとテント張り。
     午後より支援物資積み込み、女川に向かう(おおよそ1H)。
     女川総合体育館では屋外ベンチにワンコ数頭は繋がれていた。
     聞き込みするも飼い主わからず?、
     フード皿・水皿の状況から判断しフード・おやつ等を置く。
     他、ペット飼い避難者の方々にヒアリングする(高齢犬食への要望等あり     
     被災個人宅にフード・おやつ等を提供する。
     (フード等が手に入らない、店が開いていない)、車中泊す。

        
   4月11日(月)     
     支援物資片付け・整頓
     仙台市山の寺へ移動し、支援物資の片付け、車中泊す。


   4月12日(火)           
     支援物資の片付け(学生ボランティア10名ほど応援あり)
     支援物資積み込み、午後から石巻浄化センターへ向かう。
     その後、女川へ向かい第一保育所、個人宅のペット飼い者に支援物資を配る。
      (喜ばれた、涙を流す人も・・・)
      (漁師の人、ガレキとともに沖に流され男2人抱き合って寒夜を過ごす。
       凍傷も治ってきたとのこと、一時は死を覚悟したとのこと)
     車中泊す。




   4月13日(水)           
     アニマルシェルターの保護犬(約40頭)を約10人で手分けして散歩させる。
     仙台市山の寺より支援物資届く(4トン車)、片付け・整頓す。
     事務用品の買い出しにアッシー君する。
     夜、ミーティングあり。
     車中泊す。


   4月14日(木)           
     午前中、支援物資片づけ・整頓する。
     午後より、帰省に入る。
     安達太良SAで車中泊す。


   4月15日(金)
     朝7時発、在住地ICで降り、自宅22時着となる。
     途中、誤って関越道にのってしまい東名経由の帰宅となった。
      (ナビの設定誤り)



4、気付いた事
   ①多様な視点での認識、着眼点にハッとする。
     ・さすがと思えることが...やはり気概・人品の違い!~Volunteer
     ・生死の境を彷徨った人は何か吹っ切れるものがあるのかも知れない!?
      ~Disaster victim

   ②「心は誰にも見えないが、心配りは見える」
     ・支援物資にお手紙等添えられているが伝えきれていない!?
      (モノに添えて気持ちを伝える)

   ③やはりホッとして気が緩むとミスが出る(大事に至らず)
     ・側溝にタイヤを落とす
     ・車のキーを無くす(朝方見つかる)
     ・高速道で乗り換えを誤る(安堵感?)
 



↓↓ 以下、写真を貼付します。<画像添付記事は下へスクロールして下さい>
[PR]
by genki-flatty | 2011-04-18 14:49 | ワンちゃん | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://genki7flat.exblog.jp/tb/15832674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ノアピョン at 2011-04-18 19:54 x
タイヤが溝に?!
それは思いも寄らない惨事でしたね。
きっとやっと着いたという気持ちの緩みが引き起こしたんでしょうね。
でも大事に至らなくて良かったです。
Commented by 仔猫 at 2011-04-19 01:52 x
本当に、怪我もなく無事のご帰還、ほっとしました。
小旅行なら楽しい道中も、被災地に近づくにつれ、
大きな余震も続き、単身で本当に遠路大変なことだったとお察しします。
「良い勉強をさせていただいた」との前向きなパパさんの言葉を
聞かせていただきましたが、
現地では、初対面の方達と右も左もわからないような土地で、
文章には書かれてはないような、ご苦労もきっとあったと思います。

本当にお疲れさまでした。

浦川さんは、6月梅雨明けまで現地で頑張ると言ってましたが、
今は、仙台だけに留まらず、福島にも岩手にも行動範囲を広げてます。
浦川さんは仙台だけで専念してもいいではないか・・福島や岩手では、また別のボランティアの方々が頑張っておられるのだから・・・と、助言しても、とにかく、こと動物のこととなると熱くなってしまう方ですので、
誰にも止めることは出来ません。
ただただ、怪我や事故・・・身体を壊さないことを祈るばかりです。

岩手の方も、フードが不足しているようです。
引き続き、私も物資の支援でサポートしていこうと思っています。

Commented by Genパパ at 2011-04-19 10:04 x
ノアピョン さんへ

>タイヤが溝に?!
 → そうなんです。落としてしまいました。
  現地の場所が特定できず、辺りを1h位ウロウロしていました。
  おまけにそぼろ雨もあって湿気で視界も悪くなっていました。
  脇に停車していたのですが、対向車が来たのでさらに脇へ停車
  しよとバックしたらやってしまいました。
  ヤレヤレという気の緩みですね。
Commented by shio-chan at 2011-04-19 20:00 x
ご無沙汰しています~

8日間もの長きに渡ってのボランティア、お疲れ様でした。
暦の上じゃ4月は春ですが、東北は寒かったでしょうね。
車中泊で毛布だけじゃ、震えませんでしたか?春秋用の寝袋でも早春は寒いですからね。
風邪も引かずに無事にお役目を果たされてのご帰還、本当によかったです、お疲れ様でした~
 
Commented by Genパパ at 2011-04-19 21:45 x
shio-chan へ

>8日間もの長きに渡ってのボランティア、お疲れ様でした。
 →コメありがとうございます。
  本人はむしろハイテンション状態にあり、疲れたという
  感じはありませんでした。
  楽しかったです(女性ボランティアsに↑↑されたので・・・)
  帰宅後、多少背中の張った感じが2日程していました(?)

  

Commented by GENパパ at 2011-04-20 12:35 x
* 誤字があったので訂正します *

仔猫さんへ 

>「良い勉強をさせていただいた」との ~ 中略 ~
  仙台だけに留まらず、福島にも岩手にも行動範囲を広げてます。
  浦川さんは仙台だけで専念してもいいではないか・・・
 → 「良い勉強になった」のは、参加の動機にも記しましたが、
  視点の違いを味わいつつ目的は一つアニマルレスキューと
  いう一点で同じかと・・・ボランティア活動に参加してみて楽
  しかったです。
  行動範囲を広げすぎると収拾のつかなくなる可能性もあり
  ますが、自分の能力や自信・気概に照らして行動となるの
  でしょう?
  福島、岩手にも広げる・・・ 理解できます。
  応援する人も現れるでしょう。
  
<< 緊急!本日の犬猫飼育ボランティ... アニマルレスキュー参加報告Ⅱ ... >>